活動内容

私たちは小さな任意団体ですが、障害者の社会参加が広がることを願い、次の活動を行っています。

 

1.バリアフリー情報の発信
障害者の社会参加を広げることを目的に様々な施設やイベントについて、バリアフリー等の情報をSNS・ホームページで情報発信を行います。
 広げる会ブログ(日本財団CANPAN) https://blog.canpan.info/hirogerukai/
 広げる会ホームページ https://hirogerukai.com/

 

2.バリアフリー調査と改善に向けた要望活動
既存施設等のバリアフリー状況・合理的配慮についての調査活動を行い、結果を基にした改善提案を行い、誰もが住みよいまちづくりを目指します。
調査対象
 仙台市営・宮城交通等公共交通機関
 飲食店・ショッピングセンター
 コンサート会場・スポーツ観戦施設など趣味娯楽の場
 観光施設・温泉・ホテル等の観光・宿泊施設 等

 

3.障害の理解に対する啓発活動
障害や合理的配慮等について広く理解をいただくために啓発活動を行います

 

 

これまでの活動内容

 

 

移動支援事業の制度運用の確認・周知
 仙台市移動支援事業に対する現場の運用上の不備について仙台市との制度運用の確認を行い、障害者の移動について現場の不理解から対象となる当事者が不利益を受けないようにと各区への周知のお願いとともに、相談支援事業所への情報提供を行いました。

 

バリアフリー調査・情報提供事業
障害者の社会参加が広がるために、各種施設のバリアフリー状況について調査を行い、その情報をて広く社会に発信しています。
団体ブログ http://blog.canpan.info/hirogerukai/
ホームページ https://hirogerukai.com/

 

他団体との連携
 「名古屋城木造天守にエレベーター設置を実現する実行委員会」に賛同し県内の障害当事者の声を集め名古屋市に対して要望書を提出しました。

 

仙台バリアフリーツアーセンターとの連携
 仙台バリアフリーツアーセンターと共同で「るーぷる仙台」各バス停、青葉城跡のバリアフリー調査を行いました。
 調査結果「仙台城跡・るーぷる仙台バリアフリー調査報告書」を作成し「仙台市文化観光局観光交流部観光課」へ提出しバリアフリー化への提言を行いました。
  仙台駅周辺の多目的トイレの設置の状況調査を行いました。